漫画参考HP

漫画家・流星光(ながれぼしひかる)のWebサイト

漫画アシスタントのお話や漫画家の苦労の話が生ナマしく書いてあって面白かったです。
その中で

自分でもっと上のレベルに目標を設定して絵の練習をしていかなければ、
成長は止まってしまいます。

そのまま10年たったらどうなるか…… 私は、そういう人を何人も知っています。
10年やっているのに簡単な仕上げしか出来ない人……。
そうならないように常に努力をおこたってはいけません。」

スピードも重要です。
僕はある仕事場で、「自分は速さより質で勝負してる」
と言っているアシの人に会ったことがあります。

彼が果たして絵が上手かったのか?というと「普通」でした。
要するに「ただ遅いだけのアシスタント」だったのです。

はっきり言いますが、上手い人は速いです。
遅い人は例外なく下手な人です。
絵や仕上げが遅い人は、少しでも速く描けるように努力をすべきです。」


というところが印象に残りました。
自分自身の作品、作画を今のままでいいと満足していたら成長しないぞ!ということを痛感させられる言葉ですね。
しかも、経験者から語られてるということもあって、なんとも現実味のあるお話・・・。


「上手い人は早い」この言葉を聞いて昨夜見た、ある漫画家さんが出演しているNHKの番組を思い出しました。
その番組で、その漫画家さんの原稿を仕上げ(下書きからペン入れ)を行ってる作業風景が流れたのですが、その作業が早いこと早いこと。
まるで早送りしてみているような速さで作品を完成していました。
「プロは違う!」と思い知らされた時間でした。

ただ・・・言っていいのか悪いのか、その漫画家さんは絵がお世辞にも上手いとは言えませんでしたが・・・(苦笑)

でも、人を惹きつける何かがそこにはありました。

やはり、漫画というのは絵が上手いだけではダメ、ストーリーや人を惹きつける何かがないとダメなのだな~と改めて思いました。

※このサイトの中の「漫画/質問&議論掲示板」はアマチュアの人の質問に流星光さんがきちんと答えてる掲示板で、かなり参考になりますよ♪
by btfleam | 2008-09-02 11:24 | 漫画参考HP | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://btdores.exblog.jp/tb/9610852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本マンガ塾 参考になるHP☆ >>