映画「神童」

「神童」

出演者: 成海璃子 西島秀俊 吉田日出子 串田和美 甲本雅裕 柄本明 手塚理美 浅野和之 貫地谷しほり キムラ緑子 松山ケンイチ 三浦友理枝
監督: 萩生田宏治

天才ピアニスト「うた(成海璃子)」と音楽受験生でオチこぼれの「ワオ(松山ケンイチ)が出会い、それぞれがピアノ演奏の葛藤や挫折、そして喜びを覚えていくお話。

デスノートでL役の「松山ケンイチ」が出演



最後まで観たのですが、はっきり言って結末はもどかしさを感じました。
中盤まではよかったのですが、後半(最後の方ですが)は中盤まで膨らんできた物語がなんとも中途半端に置き去りにされてエンディングがきたという感じでした。

物語は音楽受験生「ワオ」が天才少女「うた」と出会うところから始まります。
大学受験まで時間がなく、練習してもなかなか上達できない「ワオ」。そんなとき、ひょんなことから「うた」と出会いピアノのレッスンを受けることとなります。

二人の関係は終盤まで兄妹でも恋人という関係でもなく、ほどよい距離を保ったまま物語が進んでいきます。
このあたりはボクが大好きなところです。
コテコテのラブストーリーは見飽きてますし、何の恋愛話もない物語は物足りませんし、このような思春期のほどよい距離の恋愛話がいいんですよね~☆

天才少女「うた」もピアノへの葛藤があり、天才がゆえに学校でも浮いた存在で孤独。
そんな中、「ワオ」と会えることが楽しく、いつも「ワオ」の家に遊びにいっています。
(うらやましいと思ったのは僕だけでないはずww)

中盤では「ワオ」が優秀な成績で大学を合格しますが、受験時に合格した素晴らしい演奏ができず悩み、そして「うた」は聴覚の病気で悩んでいきます。

そして終盤。
ここから何か強引な物語へと変わっていった感じがします。

「うた」が日本公演のため来日した有名な外国人(かなりの年配者)のピアニストと出会います。
そのピアニストが「うた」の才能を見抜きます。
講演会当日、突然そのピアニストが体調不良により演奏ができなくなり、その代奏者として「うた」を指名します。

この当たりから「強引だな~」と思いました。
確かにオーケストラをバックに「うた」が見事なピアノを演奏するシーンは見ごたえがあったのですが、それまでの過程を考えると・・・。

たかが一回出会っただけの少女(しかも13歳)に代奏者として指名するということはあり得ません。もう少しそこまでいく過程があれば納得もしたのですが・・・。

そして、見事な演奏をやってのけた「うた」は演奏後、聴覚の障害で倒れてしまいます。
何の音も聞こえなくなってしまった「うた」は「ピアノの墓場」へと向かい、父の形見のピアノを見つけ出します。

そこで、一人ピアノを弾こうとしてためらっていると、「ワオ」がやってきてピアノを弾きます。
そうすると突然「うた」の聴覚が戻り、そして二人でピアノを演奏しエンディングとなります。

終盤は都合のいい展開となり、都合よく聴覚が戻って二人でピアノを弾く。
終わり悪ければ全て悪し!
最後はどうも納得いきませんでした。

中盤までは「うた」と「ワオ」の関係やピアノへの葛藤など上手く絡み合ってて面白かっただけに残念でした。
中盤で登場してきた登場人物たちは終盤で置き去りで最後が上手くまとめきれてない感じでした。

「デスノート」のDVDでの映画紹介でこの「神童」を見て、面白そうと思いレンタルしてみたのですが、これはあまりお勧めできない映画でした・・・。
by btfleam | 2008-07-24 02:07 | ボクが見た映画☆ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://btdores.exblog.jp/tb/9283258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ニニスちゃん☆ テレビを買いました! >>