衆議院選挙を見てて

この間の8月30日の衆議院選挙を見てて、日本の変化を求めてる人が多くなってきてるのかな~?と感じました。

ボクは政治のこととか詳しくないのですが、選挙になるとなんか血が騒いできますww
見てて面白いんですよね~。



【自民党という政党について感じたこと】

実はボクも今までの政治がマンネリ化していると感じていて、何らかの変化を求めて比例は民主党に入れました。政治について詳しいわけではないのですが、自民党の内部はもうガタガタであると感じたからです。

ボクも会社員ですので、組織についてはある程度わかります。
まず、上司の言うことを聞かなくなってきたら組織としては崩れてしまいます。
テレビで見てて自民党の人たちは麻生さんをかなり批判してて、リーダーとして持ち上げる人は少ないと感じました。確かに麻生さんのリーダーシップは何か足りないものがあり、フラフラしてる感じもあり、間違ってる所もありました。しかし、それをテレビの前でこぞって文句を言ったりすることも間違ってると思いました。

選挙前にあんなガタガタの組織を見せ付けられては、「自民党って本当に大丈夫?」と思ってしまいます。
組織として成り立ってなく、バラバラな感じも受けました。

選挙後においても、総裁選で麻生さんの名前を書く書かないでコメントしてる政治家を見ると「そんなこと言ってる場合?他の党の批判だけでなく身内の批判を今でも言うの?」と自民党に対しては冷ややかな目で見てしまいます。

麻生さんについてはリーダーとしての素質に疑問を持つ人もいるとは思いますが、それに対して自分の正直な意見を公の場でいうことは、自分たちの党のイメージを悪くするだけではなく不信感をあおぐだけだと思います。

これまでの自民党をみてて、皆が党内のイメージを悪くし、自分たちの首を絞めてしまったなと思いました。



【報道について】

選挙終盤、各党首に各局がインタビューしてるところを見ました。
チャンネルを変えて聴いてみましたが、どの放送局の質問はおかしく感じました。
今現在、選挙中にも関わらず答えの出ることの無い内容のことばかり聞いてるのを見て「政治もおかしいけど報道する側もおかしい」と思いました。
「今後、どのように党を立て直しますか?」とか「人事はどうしますか?」とか、「それ今聞く必要あるの?」と言うような内容に少し頭にきました。
しかも、最初キャスターが聞いたことを政治評論家等の人たちが横から入り込んで同じような内容の質問する姿を冷ややかな感じで見てました。
政治評論家等の人たちは、それは頭はいいのでしょうけども横槍投げるようなやり方は見てると邪魔してるだけのようにも見えますし、同じ内容のことを違う角度から聞いても同じものは同じだ!とアドバイスしたいです。
麻生さんも「先ほど答えたとおりなのですが・・・」と同じ質問にも関わらず返答していたのをみて、逆にえらいと感じました。
質問が終了後、キャスターが「あまり明確な答えが返ってきませんでした」と言ってましたが、ボクは「当たり前だろ!」と思いました。視聴者の聞きたいことだろうと思って質問したのでしょうが、ボクは間違った質問をしてると思いました。誰もが選挙真っ最中に答えを出せるものではないと思います。逆に答えを出せる人は何も考えてない人だと思いますよ。

民主党に対して「財源はどうするのですか?」という質問も多くありましたね。
もうちょっと違うことを考えて聞いてくれたほうが新鮮味もあってよかったのですが、どの局も同じこと聞いてましたね。皆同じか~と感じました。
民主党の肩を持つわけではないですが、今の不況の中でゆっくり時間を掛けてやっていくしかないと皆思ってるわけですから、今すぐに答えを求めるのではなく見守っていく姿勢も持つことが大切だと思います。もちろん、指摘するところは指摘していかなければいけませんが、タイミングというものも見極めてやっていってもらいたいと思います。


【有権者について】

テレビで質問されてみんな言う言葉が「財源はどうするのでしょうね?」ということでしたが、みんなテレビで見て聞いたことをそのまま言ってるだけの人が多いな~と感じました。中には「良い政策をして、それでも不足した場合は消費税などの税金をアップをして、国民も政府に協力してもいいのではないでしょうか?」ときちんと自分の意見を持ってる人もいて嬉しく感じました。


【税金について】

別に民主党を応援してるわけではないのですが、皆が納得できる政策をして、それでも限界が来た場合に税金が上がったとしてもそれは良いのではないかとボクは思います。
今までのように無駄遣いも改善してない、年金問題も解決してない、天下りをなくして無駄な予算を削りましたなどの努力や成果も見せていないのに税金を上げますなんて言われたら誰も納得しないと思います。

無駄遣いをなくしました、天下りをなくしました、各省庁の経費削減をしました、政治家の家賃を正常に戻しましたといったような話題になってるものを削減したという実績と努力を見えるようにすれば皆納得できると思います。

最近の政治家にはそんな姿勢は見えませんしね。これからそれが見えてくることを期待します。


【年金について】

今回はこれが一番選挙に影響があったものと感じました。
民主党が2年間、国家レベルで集中的に問題解決にあたっていくといった言葉は結構効果があったと思います。

自民党に任せていてもこれまで結果を出せてないので、自民党のままでは自分たちの年金問題は解決せずに終わってしまうって危機感を持った方が多いと思います。
今でも結果を出せてないところが今後結果をだせるとは思えませんしね。
結果を出せないのならやり方を変えてくれよ!といつも思ってました。舛添さんにも正直失望しました。
一生懸命にやってるのはわかりますが、結果が出ていない・国民の納得を得ていない感じがします。
最初の頃は何かと話題もありましたし、「3月までには結果を出します」みたいなこと言ってて現在においても年金に対する不安は解消されてません。

詳しく調べたわけではないですが、それでも問題解決に向かっているという安心感を持った人が少ないという現状は事実です。
ボクは年金はきちんと払いますが、不安なので民間の年金を掛けています。それほど不安を抱えています。

民主党は年金通帳なるものを配布すると言ってます。
ボクはこれは賛成です。
実施するにはお金が必要でしょうが、それは必要なことだと思います。
手元に残って、自分の年金状況も通帳と同じような感覚でに見れるという利点が良いと思いました。年金特別便などとわけのわかんないものにお金を掛けるよりも数百倍も良いです!

年金特別便や年金について社会保険庁に確認に来てくださいというのは間違ってます。
まず、社会保険庁がこちら側に来るのが筋だと思います。



色々と書きましたが、これで言いたいことが言えたのでモヤモヤがスッとしました☆
これから政治がもっと身近なもので透明化されることを心から期待してます♪
by btfleam | 2009-09-02 00:57 | 日 記 | Comments(0)
<< こんなポーズが CLIP STUDIOに投稿☆ >>