国際メディア芸術総合センター!!?

緊急経済対策15兆円の中から117億円を投じて「国際メディア芸術総合センター(仮)」を作ると麻生総理が言ってるみたいですね。

マンガやアニメなどを日本の文化を国際的に広めるためみたいなことをニュースで言ってますが、これはどうなのかな~とボクは思います。
これはマンガ・アニメを趣味にしてる人にとってはいいでしょうが、なぜにこの不況に?と疑問に思ってしまいます。

もっと違うことに予算を投資した方がいいと思います。
たとえば小児科の問題や老人ホームの問題、障害者の問題、そして年金問題!
もう少しこういったものに力を入れたほうがいいのではないかと思いますね。

日本のマンガ・アニメは世界的にすごくなってるということは知ってますが、政府が国営として建設する必要性があるのか!?疑問ですね。
国会でこんな変な法案をだす麻生総理の神経がどうなってるのか疑います。
維持費も結構かかるでしょうし・・・。

なんとも面白おかしな政策。
by btfleam | 2009-05-27 12:41 | 日 記 | Comments(2)
Commented by 松本哲哉 at 2009-05-28 11:53 x
117億円もかけるなら「資料館」作るより秋葉原の街並みを

全部アニメの背景のようなデザインにハリボテして、

秋葉原を世界相手の観光都市「AKIHABARA」にする方が

外国に対する最先端の日本のサブカルチャーと

最先端の日本の技術力・製品の発信に繋がるし、

経済対策にもつながるんじゃないでしょうか。

中途半端じゃなく徹底してアニメの世界観を

現実の世界(街)に再現すれば日本だけのオンリーワンアミューズメントパークができます。

日本が鎖国したまま現代に至っていたらこんな街、こんなファッションになってた、みたいな

「外国人がイメージする誇張された日本」を表現できれば

資料館作るよりよっぽど世界中の人がアキハバラや日本のサブカルチャー、

引いては日本自体に興味を持つし話題性もあります。

日本文化とオタク文化の融合が日本を救ってくれるかも・・・。

と、思いました。
Commented by btfleam at 2009-05-28 20:34
>松本哲哉さん こんばんは☆

そうですね~。
松本さんのおっしゃるとおりのことをすればいい感じになりそうですね♪
いくら漫画やアニメ大好きな政治家が参入したとしても所詮は役人。
硬いもので柔軟性のないものが出来上がって税金の無駄遣いでおわってしまうでしょうね~・・・(悲しい)
<< マンガを投稿☆ シスター☆ >>